新生活準備で足りなくなった

私が就職当時、はじめての独り暮らしでお金に苦労したときの話をします。

 

就職してはじめて上京して独り暮らしを始めたのですが、本当にお金が足りなくて苦しかったです。何が苦しいって独り暮らしに必要なものを一気に買いそろえる必要があることです。

 

第一に住む家がないので、家を借りる必要があります。ろくに家探しをする時間もなかったので、特に何も考えずに通勤の利便性と手頃な家賃で決めたのですが、敷金礼金仲介手数料で合計四ヶ月分の家賃に加えて、さらに追加で一ヶ月分の家賃を追加で支払う必要間であって、合計で30万円強支払いました。

 

さらに、家電も一式必要です。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジや炊飯器、ポッド等の大型家電だけでなく、お皿やカーペットなど一個一個ではそんなにお金がかからないものが積み重なって、それはもう結構な出費に積み上がりました。

 

事件はそうしたものの支払いをしているときに起こりました。まだクレジットカードは一枚しかなく、しかも学生時代に作ったものなので限度額はわずかに十万円。

 

小物の電気器具の買いそろえをやっていて、これでようやく一段落だと思った矢先にクレジットカードが使えなくなっていることがわかったのです。

 

慌てて親に連絡してお金を借りて買えましたが、独り暮らしに必要なものを買い揃えるときは本当に注意しないと行けませんね。

 

こんな感じで私は、家電や家具などをそろえるために買い物をしすぎて支払いに困ってしまいました。まあ、親に借りることが出来たのでよかったのですが、出来なかったらキャッシングとかを利用するしかなかったでしょうね。

 

親に借りると、その分肩身が狭い思いもするので、借りずにキャッシング会社から借りたほうがよかったかな〜って気もしてますけどね・・・。

 

私以外にも、買い物をしすぎて困ったという人はいると思うので、いろいろ紹介しますね。

 

【とりあえずお金を借りたいという人に参考になるサイト】

 

専業主婦ローン・・・専業主婦の方って総量規制によりお金を借りづらくなりましたが、そんな専業主婦の方でも利用できるローンを紹介しています。

 

 

引越して物をそろえる時に困った

 

引越しをして、間もない頃に、家の電化製品が不足気味だったり、食材や調味料といったものがほとんどなく、大量に買ったことがありました。

 

まずは、電化製品で、洗濯機と空気清浄器と掃除機が無く、家電量販店に行き、なるべく安いものを選んぶようにしましたが、全部で7万円くらいになりました。現金では足りなかったため、クレジットカードで、3回払いにして支払いをしました。

 

月の支払いが、だいたい2万5千円くらいだったので、なんとかなりましたが、その3ヶ月間は、外食を控えたり、服を買うのを我慢したりという生活をしていました。

 

次に食料と調味料ですが、全くない状態でしたので、スーパーに行き、米からお肉、魚、野菜を、買い物かごいっぱいになるくらい買いました。調味料も醤油から塩など必要なものを買っていきました。

 

買い物の支払いの仕方として、大量にあったので買い物の回数を2回に分けて買いました。まずは、値段の高い物から買っていきお店のポイントを貯めてから、次にそのポイントを使って少しでも割安で買い物をするといった方法をとりました。

 

現金でおよそ4万円ほどかかり、財布の中身は、小銭しか残りませんでした。どうしても生活するために必要な物の買い物は、一気に買ってしまわないと思い、ものすごい出費になってしまいました。

 

今度からは、なるべく小分けにして買いたいものです。